ダイエットの停滞期を乗り超える方法

ダイエットをしていると必ず停滞期に陥ります。停滞期では、何をやっても痩せないので、モチベーションも下がります。また、やる気もでてきません。

空腹感や運動の大変さは、これまでと全く変わらないのに、体重はまったくかわらないです。そんな時、どうしても、やりがいを感じなくなって、停滞期中にダイエットをやめる人がいます。まぁ、無理はないですよね。だって、ダイエットの辛さは続くけど、ぜんぜん痩せないならそれは心だって折れてしまいます。

しかし、停滞期こそ、一番、ダイエットで我慢しなければいけない時期なのです。

そんな停滞期を上手に乗り切れば、ダイエットで成功すること間違いありません。というわけで、今回は、ダイエットの停滞期を乗り越える方法をお教えします。

停滞期を乗り越える方法

ダイエットを成功させるためには、停滞期を上手にやり過ごすといいでしょう。

まず、ダイエット中の停滞期は、永久に続くものでないことを認識して下さい。なぜなら、停滞期は必ず終わりを迎えるのですから。停滞期は、個人差はありますが、大体一カ月程度でおわるといわれています。なので、停滞期がおわるまで、我慢してやり過ごすしか方法はありません。

どんな風に停滞期をやり過ごすのかといえば、今の体重の維持をすることです。この時期に暴飲暴食をせずに、適度な運動をしておけばいいのです。つまり、体重を増やさないのはもちろんの事、停滞期に無理に痩せなくてもいいわけです。

停滞期は、ダイエット期間中の小休止と思っていれば上手につきあって行くことができます。

因みに、ダイエットの停滞期は、ダイエットが成功する証です。停滞期に入ったという事は、ダイエットで痩せてきているという意味でもあり、順調にすすんでいるの証拠なのです。

停滞期が終われば、再び体重が減っていきますから、諦めずにダイエットを頑張っていきましょう。

なお、停滞期には減った時に備えて体をつくっておくことが大切です。この時期に、もう一度食生活を見直したり、生活スタイルを見直してみるのもいいことだと思います。停滞期に、ダイエットへの意欲を再確認しておくのも良いかもしれません。

ダイエットの停滞期は必ず終わるので、焦らずに、自分のやってきたダイエット方法を信じて、続けることが重要です。

なお、ダイエットを簡単にしてくれる生姜があります。それが「黒生姜」です。黒生姜には身体を温めてくれる作用があるので、基礎代謝があがり、脂肪を燃焼してくれます。なので、ダイエットをより効率的にはじめたいなら、黒生姜を補助としてつかうといいでしょう。

黒しょうがの効果は以下のサイトで確認できます。
↓↓
黒しょうが 効果

大麦若葉の効果と効能

大麦若葉はイネ科の植物で、大麦の若葉の部分をを収穫したものをいいます。原産国は中央アジアで、青汁の原材料のひとつとして日本でも使用されるようになりました。その主な理由に大麦若葉の高い栄養価にあります。近年の研究によれば、大麦若葉の成分がいろんな病気に良いという結果がでてきました。

大麦若葉

大麦若葉はイネ科の植物で、大麦の若葉の部分をを収穫したものをいいます。原産国は中央アジアで、青汁の原材料のひとつとして日本でも使用されるようになりました。その主な理由に大麦若葉の高い栄養価にあります。近年の研究によれば、大麦若葉の成分がいろんな病気に良いという結果がでてきました。

例えば、

大麦若葉エキスの緑のにおいを暴露したときの自律神経系の機能に及ぼす影響について調べた結果、その反応の程度やパターンは被験者ごとに変動がみられるものの、副交感神経活動が亢進されていることが確認された。

(引用:大麦若葉エキスの香りが自律神経系に及ぼす影響 http://www.jpd.gr.jp/research/2014/1309.html)

他にも、抗ストレス作用についての研究結果もあります。

大麦若葉エキスの経口投与により、マウスの自発運動量及び海馬BDNF mRNA 量の減少が改善したことから、大麦若葉エキスは何らかの経路で脳に作用し抗ストレス作用を示す可能性が示唆された。(引用:大麦若葉エキスのマウス海馬BDNF mRNA発現量に与える影響と抗ストレス作用  http://www.jpd.gr.jp/research/2014/1297.html)

大麦若葉は現代の健康には欠かせない素材かもしれませんね。というわけで、今回はこの大麦若葉の効果と効能についてお教えしていきます。

[cc id=152]

大麦若葉に含まれている成分

大麦若葉には以下のような成分が含まれています。

成分名 含有量(100gあたり)
SOD酵素 54000unit
41.6mg
カルシウム 290mg
総カロチン 25380μg
マグネシウム 160mg
ビタミンB1 0.64mg
ビタミンB2 1.47mg
ビタミンC 70.0mg
カリウム 3200mg
亜鉛 3.4mg
食物繊維 41.1g

ご覧のように、大麦若葉はかなり高い栄養素が含まれています。

この他にも様々な成分がバランス良く含まれています。成分を見る限り、普通の野菜を食べているよりも大麦若葉を摂取しておいた方が健康にいいと感じるでしょう。

大麦若葉飲むとこんな効果ある!

大麦若葉の効果を以下にまとめてみました。参考にしてください。

生活習慣病予防

大麦若葉に含まれているSOD酵素は、正式名称でスーパーオキシドディスムターゼ (Superoxide dismutase, SOD) と呼び、これは細胞内に発生した活性酸素を分解する働きがあります。その結果、老化を防ぎ、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病を予防する効果があります。

カルシウム不足を補える

骨や歯を丈夫にするにはカルシウムが欠かせません。大麦若葉のカルシウムは牛乳の3倍以上も多く含まれているため、骨や歯を丈夫にすることができます。

貧血予防

大麦若葉にはヘモグロビンをつくる材料となる鉄分が含まれています。その数値はなんとホウレンソウの約24倍です。ホウレンソウを食べるよりは大麦若葉を摂取した方が効率的に鉄分を摂取でき、貧血予防に期待できるでしょう。

美肌の効果

大麦若葉に含まれるビタミンCは、ホウレンソウの約30倍含まています。ビタミンCは、コラーゲンの生成に欠かせない成分で肌のハリを保つ働きがあり、美肌効果を促します。またSOD酵素で過剰な活性酸素も除去するので、老化を防ぎ、肌荒れも予防する効果があります。

便秘解消

大麦若葉には食物繊維が豊富に含まれています。その数値はホウレンソウの約4倍です。食物繊維は食べた食物を包み、血糖値を緩やかにするだけじゃなく、腸内で水分を吸収して膨らみ、腸管を刺激して腸のぜん動運動を高める働きがあります。その結果、便の排出が促され、便秘解消や宿便の改善にもつながります。

まとめ

大麦若葉は調べれば調べるほど、野菜不足の現代人にはもってこいの素材です。大麦若葉の一番の良いところは、こんなにもたくさんの効能効果があるにも関わらず、飲みやすいというのポイント。

大抵、体に良い素材は苦いか不味いものばかりが多いです。しかし、大麦若葉は味も抹茶のような感覚で摂取できますし、料理にも使えるのでとても便利です。子どもから大人まで、誰でも無理なく摂取できます。生活の中で大麦若葉を取り入れるのは健康維持のやめにいい方法かもしれませんね。

大麦若葉を生活に取り入れるなら、こちら『青汁の効果』もご覧ください。

青汁の選び方

世の中にはたくさんの青汁があります。それだけ人気が高いですし、効果がある健康補助食品です。しかし、青汁がはじめての方には、どれが良いか迷ってしまうかもしれません。なので、今回は青汁の選び方について教えていこうと思います。

世の中にはたくさんの青汁があります。それだけ人気が高いですし、効果がある健康補助食品です。しかし、青汁がはじめての方には、どれが良いか迷ってしまうかもしれません。なので、今回は青汁の選び方について教えていこうと思います。

[cc id=152]

青汁の選ぶ際の注意点

青汁を選び方を学ぶ前に、選んではいけないポイントを紹介していきます。以下、ご確認ください。

値段で選んではいけない

青汁は値段で選んではいけません。巷には安い青汁があるのも事実ですが、安いには安いなりの理由があるのです。例えば、原料が外国産であったり、食品添加物が半分以上だったりなど。何かと安い商品は体に悪いものが多いです。なので、選ぶ基準としてはじめに価格で選ぶのはやめましょう。

サービスで選ぶのは良くない

会社によってはいろんなサービスがあると思います。例えば、お得な特典がついていたり、送料無料だったりなどです。まぁ、サービスは無いよりはあった方がいいに決まっていますが、しかし、青汁を選ぶ判断基準にしてはいけません。青汁は健康のための食品です。ですから、ホントに健康に適しているかどうかを判断しなければいけないのです。

社名で選んではいけない

青汁を販売している会社の中には、聞いた事のある会社や有名企業などがあります。しかし、選ぶ判断基準としては、社名で選んではいけません。なぜなら、社名と青汁の効果に因果関係はないからです。大切なのは、あなた自身の体に合うかどうかです。そこに会社名が有名かどうかは関係ありません。なので、会社名で選ばないようにしましょう。

以上が、青汁を選ぶ際の注意点です。

青汁の選び方 3つの手順

青汁を選ぶならまず、以下の手順ですすむといいでしょう。

  1. 目的を決める
  2. 原料を決める
  3. 形状を決める

それぞれ解説します。

目的を決める

まず、青汁を飲む目的を決めましょう。なせなら、青汁には様々な原料が使用されており、それぞれ効能効果が違うからです。例えば、便秘解消に良い青汁もあれば、デトックスやアンチエイジングに良い青汁もあります。他にはガン予防や野菜不足を補うための青汁もあります。

目的に合わない青汁を飲んだら、望んだ結果は得られないので、選ぶ前に目的を明確にしましょう。青汁の目的には以下を参照するといいです。

  • 便秘解消
  • デトックス
  • アンチエイジング
  • 活性酸素の抑制
  • 美肌
  • 栄養補給

ぜひ、参考にしてください。

原料を決める

青汁を飲む目的がきまったら、次はその目的に見合った原料を選びます。例えば、栄養補給ならケールか大麦若葉の青汁がいいですし、デトックスや便秘解消なら明日葉の青汁がいいですね。原料によって効能効果が違ってきますから、原料選びはじっくりと行いましょう。

形状を決める

青汁の商品には2つあります。1つは粉末の青汁を水に溶かして飲むドリンクタイプです。もう1つは青汁の原料を錠剤にした粒タイプがあります。これは生活スタイルによって使い勝手が良いかどうかとなりますので、ご自分の使いやすい方を選ぶようにしましょう。なお、ドリンクで飲むタイプの方は青汁の商品によっては少々、苦いものもあります。その辺をしっかりと調べて選びましょう。

補足:

上の3つの手順で青汁を選んだけれど、商品が複数あった場合は最後の判断基準として価格とサービスで決めるといいです。

以上が青汁の選び方です。

なお、『青汁のちから』では厳選した青汁を紹介しています。しかもタイプ別で解りやすく整理していますので、ご自分の用途にあわせて選ぶといいです。

[cc id=152]

桑の葉の効果と効能

桑の葉には『1-デオキシノジリマイシン』が含まれていることにより、血糖を降下させることが研究により明らかになりました。

桑の葉

桑の葉は、カイコの餌として昔から重要な作物として、また果樹としても利用されてきました。そんな桑ですが、桑の根は桑白皮として生薬や漢方薬として使用されています。また桑の葉には『1-デオキシノジリマイシン』が含まれていることにより、血糖を降下させることが研究により明らかになりました。

中国の薬物書である「神農本草経」にも、「桑の葉には薬効がある」と記述されています。日本では桑の葉の効能が紹介されたのは鎌倉初期と言われており、栄西禅師により宋の国より伝えられたという説があります。以来、日本では漢方薬として使用されています。

使用法としては主に、桑の葉を乾燥させ、お茶として使用されてきました。他の使い方としては、桑の葉を料理に使うなどがあります。沖縄では、桑をご飯に混ぜた「桑ジューシー」というのがあり、健康維持に食事として昔から親しまれてきました。

[cc id=152]

桑の葉はミネラルもたっぷり

桑の葉にはミネラル成分がたっぷり含まれています。中でも亜鉛とカルシウムはダントツです。どちらの成分も一日の摂取量は不足しやすいですが、桑の葉を摂取すれば事足りるくらいミネラルが豊富に含まれています。

他にも食物繊維をはじめ、鉄やビタミンB1、カロチン、フラボノイド、さらに最近注目されているGABAも含まれています。

桑の葉の成分

カルシウム 269mg
カリウム 3100mg
鉄分 44mg
カロチン 7.4mg
ビタミンA効力 4230IU
ビタミンB1 0.6mg
ビタミンB2 1.4mg
ビタミンC 32mg
食物繊維 52g
γ-アミノ酪酸(GABA) 27mg

桑の葉で期待できる効果・効能

桑の葉に含まれているミネラル以外の成分には、様々な効果があるといわれています。以下、それぞれ解説していきます。

クロロフィル(葉緑素)

クロロフィル(葉緑素)は、別名「緑の血液」とも呼ばれ、体内をキレイにする働きがあります。例えば、桑の葉を飲めば腸内洗浄を行い、結果、肌荒れや美肌効果が期待できます。その他にも以下のような効果があります。

  • 抗酸化作用
  • 血液サラサラ効果
  • ガン予防
  • 貧血の予防
  • コレステロールの減少
  • 発毛促進
  • 美白効果
  • 消炎効果

1-デオキシノジリマイシン(DNJ)

1-デオキシノジリマイシン(DNJ)は桑の葉にある特有成分で、血糖値の上昇を抑える働きがあり、糖尿病の予防やダイエットに効果を期待できます。

  • 血中コレステロール抑制
  • 糖尿病予防
  • 肥満予防
  • ダイエット効果

まとめ

桑の葉は蚕のエサというイメージがありますが、「1-デオキシノジリマイシン」や「クロロフィル(葉緑素)」などの特有成分を豊富に含んでおり、健康管理には最適な薬草といえます。

その使い方はお茶が主流ですが、桑の葉そのものを料理に使えるため最近では青汁にも使用されています。商品としての青汁は乾燥された粉末ですが、生の桑の葉をすりつぶし、青汁にして飲んでいる人も多いようです。桑の葉の青汁ならこちら「桑の葉の青汁」でご覧ください。

ダイエット効果があるという事で女性には人気のある桑の葉ですが、生活習慣病予防にも最適なので男性の方にもお薦めしたい薬草ですね。

 

明日葉の効果と効能

明日葉に期待できる効能効果には、身体を錆びつかせない為のアンチエイジング効果をはじめ、むくみ防止・セルライト解消があります。

明日葉

今回は青汁でもよく使われる野草、明日葉について書いていきます。

[cc id=152]

明日葉とはどんな野草か?

明日葉は、葉を摘み取っても明日にはすぐ新しい芽を出すことから「明日葉」という名前が付けられた野草です。明日葉の生命力は非常に強く、繁殖力も凄まじい野草。もともと八丈島を原産地とするセリ科の多年草で現在では房総半島、伊豆諸島、三浦半島、沖縄を中心とする太平洋沿岸で栽培されています。

明日葉の栽培地域は太平洋沿岸と広いですが、地域によって明日葉の生長具合が違います。以下、まとめてみました。

八丈島の明日葉

  • 葉が大きく、高さは2mを超す
  • 全体的に濃い緑で根元から茎がしっかりと上に向かって伸びる

伊豆大島の明日葉

  • 色は赤っぽく、大きくても70~80cm程度
  • 根元から茎が立ち上がる

三浦半島の明日葉

  • 大きく育って30cm程度
  • 色は伊豆大島の明日葉に近い

明日葉は生命力が強いといっても、どんな環境でも育つ植物ではありません。霜が降りるようなところは育ちませんし、直射日光にも弱いです。また化学肥料との相性も合いません。しかも、水はけが良くないところでは根が腐ってしまい育ちにくいのが特徴です。

古くから薬草として使われていた明日葉

明日葉は古くは江戸時代から使用されていた薬草です。かつて江戸時代に天然痘が流行した時、八丈島に明日葉で治療に役立てたという記録が残っています。

明日葉で期待できる効果・効能

明日葉に期待できる効能効果には、身体を錆びつかせない為のアンチエイジング効果をはじめ、むくみ防止・セルライト解消があります。その為、老化防止や冷え性解消にも効果的です。さらに食物繊維が豊富ですから便秘解消にも役立ちます。

明日葉の豊富な栄養

明日葉には食物繊維をはじめ以下の栄養素が豊富に含まれています。以下、明日葉の100 gあたりの栄養価です。

  • 食物繊維 5,6g
  • タンパク質 3,3g
  • βカロチン 5300 μg
  • ビタミンE 4.3 mg
  • ビタミンK 500 μg
  • ビタミンB2 0.24 mg
  • カリウム 540 mg
  • ナトリウム 60 mg

また、明日葉には明日葉にしか含まれない「カルコン」や「クマリン」という特有成分があります。以下に解説していきます。

カルコン – アンチエイジング効果

カルコンは明日葉の茎から染み出る黄色の成分で、これは抗酸化ポリフェノールの一種です。カルコンを摂取すれば、

  • 活性酸素を減少させ体を錆びつかせない
  • 体内にある余分な老廃物や水分を体外に排出する

という働きがあります。つまり、病気予防やむくみ解消に役立つというわけです。

クマリン – セルライト解消効果

クマリンには高い抗酸化作用があり、アンチエイジングやむくみ防止、セルライト解消に良いといわれています。このクマリンの中には「プソラレン」「インペラトリン」「コロンビアナジン」「イソラゼルピチン」「ラゼルピチン」「セリニジン」など多数の成分が含まれています。

まとめ

以上が、明日葉の効果と効能です。明日葉はもともと薬草で昔から使用されていた植物です。その歴史は長く、そして効果も実証済みです。歴史が長く今でも続けられているということはそれだけ信頼されている証拠ですし、効果もあるというわけです。明日葉の青汁には飲みやすい粉末タイプの青汁がいいです。それはこちら「明日葉の青汁」で確認できます。