青汁おすすめサイト

青汁は今や有名な健康飲料です。そんな青汁には、たくさんの種類があります。

例えば、元祖青汁として名高いのケールや飲みやすくて人気の高い大麦若葉などがあります。最近は、健康飲料としての青汁じゃなく、粒にしたものや寒天ゼリーのように食べる青汁もあります。

こんなにも沢山の青汁があると、どの青汁がいいか迷ってしまいますよね。そこで、このサイトでは、青汁フリークでありながら健康管理士の僕が、おすすめ青汁を紹介していきます。

4つの条件が揃った青汁がおすすめ!

お勧めの青汁には4つの条件があります。

健康管理士として、おすすめしたい青汁には4つの条件があります。
それが以下の通りです。

  1. 国産の素材で使っていること
  2. 製造法が安心・安全(GMP認証取得)であること
  3. 飲みやすい青汁であること
  4. 「ケール」と「大麦若葉」が含まれていること

この中でもとくに(4)の『ケールと大麦若葉が含まれていること』は重要です。

というのは、青汁の中でもケールと大麦若葉には高い栄養価があるからです。しかも、通常の緑黄色野菜では摂取できない成分が多々、含まれています。

例えば、ケール。

ケールには、S-メチルシステインスルホキシド という成分が豊富に含まれています。これは、中性脂肪やコレステロールを減少してくれる成分で、生活習慣病の予防に役立つものです。

他にも、メラトニンやルティンなどが含まれており、脳内分泌物質を促して快適な睡眠を促したり、視力保護などを手助けしてくれます。これは、視力低下の防止やストレスからくる鬱病などにも良いというわけです。さらに、健康に必要な栄養素もバランス良く含まれているので、ケールは本当に貴重な植物といえます。

このように、希少な成分が含まれているだけじゃなく、バランスの良い栄養素が含まれている野菜は他にありません。現代に適した成分がケールには含まれていますので、健康管理士としてお勧めしたいです。

なお、ケールについて詳しい効果を知りたい方はこちら「ケールの効果」からご覧ください。

ケールの効果と副作用

次に、大麦若葉もケール同様に良い植物です。

大麦若葉も栄養価が高く、通常の緑黄色野菜よりも群を抜いた栄養素が含まれています。とくに、SOD酵素や葉緑素(クロロフィル)が豊富で、アンチエイジング効果やガン予防にお勧めの成分です。また、ケール同様に大麦若葉にもバランスの良い栄養素が多々含まれています。

なお、大麦若葉について詳しく知りたい方はこちら「大麦若葉の効果」をご一読ください。

大麦若葉の効果と副作用

健康管理士がお勧めする青汁はコレだ!

健康管理士が自信をもって青汁をお勧めします。

健康管理士がお勧めする青汁は、ケールと大麦若葉の2つが配合されている青汁です。理由は、単純に栄養価が優れていることと、通常の野菜から摂取できない成分が含まれているからです。

ケールには脳内物質に作用するメラトニンやルティンの成分がありますし、大麦若葉にはストレス緩和する栄養成分や微量元素などが多々含まれています。これらは、現代の生活には欠かせない成分なので、お勧めというわけです。というわけで、青汁を選ぶ際には「ケール」と「大麦若葉」の2つが配合されたものを選ぶようにしましょう

なお、以下の青汁は健康管理士がおすすめの青汁です。
↓↓
八幡物産/おいしい青汁

なぜ、青汁がおすすめか?

厚生労働省推進の健康日本21では、野菜の平均摂取量が『350g以上』と推奨しています。

健康的な生活を送るためには、1日350g以上の野菜の摂取が理想というわけです。しかし、これだけの野菜を毎日食べつづけるのは正直むずかしい。さらに近年は、野菜そのものの栄養価が著しく低下しているので、現代の食生活では野菜不足に陥りやすいのです。

だからこそ『青汁』がおすすめです

青汁には、普通の緑黄色野菜だけじゃなく、栄養価の高い原料を使っています。その為、野菜不足の解消もできますし、健康に必要な栄養素も摂取できるわけです。ビタミンをサプリメントで大量に摂るよりも、コップ1杯の青汁で健やかな生活を送りましょう。

青汁は自然のままの野菜を使用しているので身体に優しいですし、何より安全で安心です。なお、青汁には、いろんな商品がありますが、このサイトでは健康管理士が健康のスペシャリストとして、厳選した青汁をおすすめしています。
↓↓
やわたのおいしい青汁



SPONSORED LINK